自衛隊員は“マイ換気扇”を持参して引越しをする【自衛隊の知られざる貧乏生活】

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング


私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

ん~~~、こんな状態で国を守れるのかな~

やる気満々で入隊しても、これではモチベーションが・・・(T_T)

 

ソース元

「何もかもが足らない! ボンビー自衛隊の実態! 03」

「自衛隊は衣食住が無料でほとんどお金を使わないから、安月給でもお金が貯まりますよ」という勧誘文句を聞いたことがあると思います。

「まあ、米軍の軍人のように『住』は無料だろう? 好きなところに住めるわけじゃなし」と思うでしょう。自衛隊の営内という基地内の隊舎で暮らすとNHK受信料以外は不要です。でも、外で暮らす人達の官舎は有料です。しかも、古くて悲惨な状況の官舎もまだまだあります。

官舎は一般企業で言えば社宅。福利厚生として社員やその家族のために安い家賃で住んでもらうものです。ここ2、3年で決められた緊急参集要員指定を受けてない隊員たちも緊急時にはすぐに基地に集まる義務を持っています。

だから、基地から遠く離れて暮らすことは許されない。都心などだと基地近くの格安の住宅はそのボロボロの官舎以外にないので、泣く泣く官舎に入居します。

自衛隊の古い官舎の場合、換気扇を自腹で買わないといけません。なぜなら前の入居者がそのまま持っていってしまうからです。「現状復帰して退去」するのが制度なので、必要なくても持っていかざるをえないのです。

新たな入居者は手持ちの換気扇が住宅規格に合うかどうかをチェックするところから始まります。下士官である曹士クラスは異動が少ないのですが、幹部ともなると1~2年に1回は引っ越しがあります。

しかも全国津々浦々。なぜか引っ越し費用の支給は鉄道コンテナ料金換算で、引っ越し屋さんが荷物を運んでくれる(ドライバー以外に1人当たり5000円位)の費用も含まれていません。今時は、鉄道をつかったコンテナでの引っ越しなんてあまりないですよね?

なので、必ず自腹での費用負担が発生することになります。全国異動の国家公務員である自衛隊の場合だと移動距離も半端じゃないのでかなりの負担が、ずっしり幹部自衛官にのしかかってきます。

官舎によって規格の違う換気扇や網戸、ガスコンロを買い直し設置するお引越しとなります。引っ越しする地方によっては、プロパンガスであったり、都市ガスであったりしますから、手持ちガスコンロが増えます。

ガスストーブを使う家庭であれば、ガスストーブも2種類必要となります。給湯器がない官舎も、まだまだたくさんあるのです。

 

官舎はだいたい古い

 

自衛官Cさんは、新婚の初々しい可憐な奥さんと民間住宅に住んでいましたが、異動で初めての官舎へ。

部屋は6畳と4.5畳。狭くて古いと聞いてはいたものの「ラブラブの2人なら耐えられる。頑張るね」と言ってくれた新妻に感謝しつつ現地に異動しました。しかし、想像を絶する官舎に2人は絶句することに。

 

いまどきこんなボロ家に好き好んで住む人もいまい

 

花嫁道具のタンスは、階段がせまく運べず、実家へ送り返すことになりました。

キッチンと無理やり呼ばせるための謎の流し台と冷蔵庫置き場の近くに、こぶし大の大穴があり、そこからネズミが「こんにちは、よく来たな」とご挨拶。

「Cちゃん、両親が買ってくれた大切なタンスなのに、それも使うことができないの? お母さんになんて言えばいいの?」と新妻が畳に両手をついて打ちひしがれ本気で大泣きした時にはどうしていいか途方にくれ、いたたまれず、ベランダに出ようと開けた途端、崩壊寸前のベランダからバタバタ~~~っと鳩が飛び立ちました。ベランダにはすでに鳩さんご一行が新婚生活を送っており、鳩の巣にはヒナが2羽孵っていたそうです。

動物好きにはたまらないコンセプトの古典的な住宅ですが、ここでその鳩の演出はいらないわけで、さらに嫁の泣き声が大きくなったような気がしたと、自衛官Cさんは当時を振り返ります。

 

こういう古典的な自衛官の官舎は古過ぎるため、地方では敬遠されています。駐屯地の近くに家賃の安い賃貸物件があるので官舎の利用度が低いのです。

しかし、都心ではそうもいかず、官舎の入居率がほぼ100%になります。鳩がいてもネズミがいても都内の官舎なら仕方なく入居する人が多かったのですが、実はその状態が変わりつつあります。

東京都の自衛官のなかでとくに防衛省、市ヶ谷には1万人余りの自衛官や官僚、事務官が在籍しています。彼らの多くは外国による侵略や巨大地震などの大きな災害時には市ヶ谷の防衛省に徒歩で直ちに出勤できる2km以内に居住を義務づけられている緊急参集要員です。

でも、その人員すべてに東京の官舎はなく、実際には「いざ」と言うときに遠方に住んでいる人たちが沢山いるので、非常時に市ヶ谷にどれだけ参集できるのかはまさに「謎」。神のみぞ知る状態でしたが、さらに悪化するようなのです。

元蓮舫行政刷新大臣の事業仕分けもあり無駄と判断した公務員住宅が、平成23年度12月財務省の公務員の官舎削減計画となり、計画通りに粛々と進められ自衛隊の官舎も削減されています。都心の自衛官はさらに都心には住めなくなります。

 

ネットで自衛官の不満の声をきくと、どうやら、防衛省は自衛官に対して、「この官舎は削減対象だ。家族保護(福利厚生)の目的での入居は、今後は多くの官舎でできなくなる」と告知しているとの話があります。

交通インフラが寸断されたら、すぐに指揮命令してもその下で働く参謀や隊員が遠方に住んでいるので出勤できない。怖いなぁ。

ガスコンロを数種類、網戸や換気扇を常に持ち歩いての官舎へのお引越し風景はもう間もなく消えそうです。新妻が泣くシーンは減りそうですが、いざということきに自衛官がいない東京というのも「なんだかなぁ」と思ってしまいます。

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ