見るなよ! 行くなよ! 怖がりの人は敬遠すべき観光スポット

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

***************************************************************

 

宗教的な考え方かもしれないけど、なんで骨とかミイラを飾るかな~~(´・_・`)

その気持ちがわからん

 

 

I edited and translated this article from English.

ソース元

世界にはとても恐ろしい観光地がある。行くならば自己責任で。骸骨が苦手な人は、以下を見ないほうがいいでしょう。

 

1. カタコンブ・ド・パリ(フランス)

 

パリにある地下納骨堂。約600万個の人骨が収められているという。実際に納骨堂として利用されていたのは18世紀までで、今は観光地としての色が強い。

 

2. グアナフォト・ミイラ博物館(メキシコ)

この博物館にある多くの展示物は、1833年に町でコレラが大流行したときに死亡・埋葬された人々の体が自然にミイラ化したもの。

 

 

3. カプチン会カタコンベ(イタリア)

 

カタコンベとは地下墓所のこと。1500年から19世紀までの約8000体のミイラが収められている。

 

 

4. ムター博物館(フィラデルフィア、アメリカ)

 

「婉曲的な表現はしていませんので、訪れる方は広い心で来てください」と博物館のキュレーターは話す。展示の1つ、「ソープ・ウーマン」と呼ばれるミイラは、19世紀に亡くなった女性。薬品を含む地に埋葬されたため、体全体が石鹸のようになってしまったのだという。

 

 

5. チャウチージャ墓地跡(ペルー)

 

砂漠地帯にあったため、美しく(?)ミイラ化されている。死体を布で包んで松ヤニを塗り、泥でつくったレンガのお墓にいれるという、この土地の埋葬スタイルもミイラ化に一役買っている。

 

 

6. ポンペイ遺跡

 

ヴェスビオ火山の噴火によって、地中に埋もれた町ポンペイ。考古学者の研究の一環として、亡くなったままの姿で、亡くなったままの場所に、石膏模型が置かれている。

 

 

7. チナンパスの人形(ソチミルコ、メキシコ)

 

チナンパスとは、湖上に作る人工の浮島で、メキシコの農法の1つ。この浮島にある木々の一部には、人形がくくりつけられている。もともとは、邪気を払うために行われていたが、今は観光地になった。

 

 

8. セドレツ納骨堂(チェコ共和国)

 

骨で作られたシャンデリアが有名。中には4万人分もの骨が埋まっている。

 

 

9. カバヤンのミイラ(フィリピン)

 

遺体を直火にさらし乾燥させるというその工程から、カバヤンの町のミイラは炎のミイラと呼ばれる。今日まで触れられることなく、発見時のままの形で残されている。

 

 

10. エヴォラ骸骨礼拝堂(ポルトガル)

 

1460年から1510年に、約5000人分の骨を使いフランシスコ僧たちによって作られた。

 

 

11. カプチン会の地下納骨堂(チェコ共和国)

 

僧侶や熱心な信者が、18世紀までここに埋葬されていた。納骨堂内の岩、換気の状態によって、中にはミイラ化したものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前で見せました


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ