身代金ウイルス 週明け警戒 国内感染2件、拡大の恐れ

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング


私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

今回のウィルスは古いOSを狙った物らしいので、今すぐ修正パッチを入手しましょう。

特にどんなメールでも添付されたファイル開かない事。

 

こんな詐欺もあります→「警視庁 公式チャンネルサポート詐欺にだまされないで!!」

 

ソース元

身代金要求型のウイルス「ランサムウエア」による世界的規模のサイバー攻撃を巡り、警察庁は14日、国内の総合病院と個人所有のパソコン計2台で感染被害が確認されたと発表した。

週末に欧州や米国などで発覚したサイバー攻撃の被害は経済活動などが活発になる週明けの15日に拡大するおそれがあり、同庁や情報セキュリティー会社などは警戒を強める。

 

XP、8も…MSが修正ソフト サイバー攻撃でサイバー攻撃

身代金要求「ランサムウエア」世界で猛威

サポート詐欺>PC画面に「ウイルス感染」偽の警告、急増

親愛なる顧客「これをしなさい」拙い日本語、バレバレの誘導メール

 

警察庁によると、13日、総合病院で使われているパソコンを担当者が開いたところ、データの一部が暗号化され、回復の条件として300ドル(約3万4000円)を仮想通貨の「ビットコイン」で支払うよう求める画面が表示された。個人のパソコンは、利用者の女性がパソコンを開いたところ一部のファイルが開けなくなった。

 

感染経路は判明しておらず、警察庁は2台のパソコンが所在する地域を明らかにしていない。警察当局はウイルス供用罪の疑いもあるとして捜査を開始。警察幹部は「週末で担当者が不在のためサイバー攻撃に気付いていない企業などがあるかもしれない。

月曜になって被害が広がる可能性がある」と注意を呼びかけている。

情報セキュリティー大手のトレンドマイクロによると、今回、世界的規模で拡散したランサムウエアは「WannaCry(ワナ・クライ、『泣きたくなる』の意味)」などと呼ばれている。同社のセキュリティー製品が12日朝から24時間に国内で検出したワナ・クライは数百件に上るという。

 複数の情報セキュリティー会社によると、今回のウイルスは、パソコンのファイルを暗号化することで使用不能にし、回復のための身代金を仮想通貨で支払うよう要求するタイプ。メールの添付ファイルを開いたり、リンク先をクリックしたりすることで感染するとみられる。

身代金の支払いを要求する画面は日本語を含めて多数の言語に対応している。トレンドマイクロの高橋昌也シニアスペシャリストは「感染を避けるには不審メールの添付ファイルを開かないことが大切」と話す。

 ウイルスは、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の弱点を突き、感染したパソコンから社内ネットワークなどを通じて他のパソコンに感染する。

カスペルスキーセキュリティラボの石丸傑(すぐる)リサーチャーは「身代金を払っても回復する保証はない」としたうえで「(感染拡大を防ぐには)公開されているウィンドウズの更新プログラムで安全対策を最新にしておくことが必要だ」と言う。

「S&J」の三輪信雄社長は「病院や工場では特殊なソフトが使われるため、ウィンドウズの更新が難しい場合もある。日本の海外法人がまず感染し、日本の本社に拡大する恐れもある」と指摘している。

Microsoft セーフティーとセキュリティーセンター

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ