「電動アシスト付ベビーカーは車道へ」経産省の発表が「再検討を」と炎上!!

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキング

 

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

****************************************************************

いつも思うんだけど、どうして役人の頭は固いんだろう。(´・_・`)

こんな発表をすれば指摘されると思わないのが不思議だけど、多分ベビーカーに荷物をいっぱいのせて坂道を押したことないんだろうな。

ましてや6人乗りで坂道を押し上げるなんて、メチャメチャ大変だと思う。

うちなんて真ん中が双子の男の子だったんで、あの当時この電動ベビーカーがあったら絶対買ってたわ。(; ̄ー ̄A

 

 

ソース元

子育ての負担を軽減させようと、常に進化を続ける様々な育児用品。

中でも、電動アシスト機能を搭載したベビーカーが注目を集める中、経済産業省がある発表を行い、その内容についてネットが騒然となっている。

 

電動アシスト付きベビーカーは「軽車両」

経済産業省は、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消法」により、電動アシスト付きベビーカーは道路交通法に定める「小児用の車」ではなく「軽車両」に該当すると発表。

報道によると、事業者から「電動アシスト機能を追加した6人乗りベビーカー」の道路交通法、道路運送車両法上の取扱についての問い合わせがあり、関係省庁が確認・検討した結果、このような結論に至ったという。

問い合わせが寄せられた「6人乗りの電動アシスト付ベビーカー」は、使用法や用途、車両寸法から道路運送車両法施行令第1条の「人力車」として同2条第1項の「道路運送車両」に該当するとのこと。

これにより、電動アシスト付きベビーカーを使用する場合は、法律上「車道または路側帯」を通行することが求められることとなる他、警音器の設置など「軽車両」の安全基準を満たす必要がある、ということになる。

 

ネット民からは「再検討」を求める声

6人乗りの電動アシスト付きベビーカーが「現在の法律上は軽車両に該当する」とはいえ、自力で歩くこともままならない幼児を乗せるベビーカー。

車道を通行することを求めることについて、ネットでは疑問の声や様々な危険性を指摘する声が相次いでいる。

・6人乗りベビーカー。保育園とかで使っているやつかな? さすがに車道は危ないと思う

 ・車道を歩行は、極めて危ない。7人まとめて、あっちの世界に行ってしまうだろ。自立走行じゃないし、人の時速はせいぜい3キロ。押す人の立場から見れない行政は情けない

 ・速度は歩くぐらいでしょ? こんなのが車道や路側帯って余計危ないでしょうに

 ・うちの保育園は昔ながらの乳母車です。お散歩とか緩い坂でも先生が大変そうなので、電動はいいと思いますが、多分高くて予算がつかないかと。軽車両だと左側通行で、歩ける子は右側? 疑問がいっぱい

 

「法律にあてはめることより、安全性を重視すべき」といった声が相次ぎ、規定などについて「再検討すべき」といった意見も。

杓子定規を考えれば正しい判断となるのかもしれないが、「車道を走行するベビーカー」をどれだけの人が受け入れられるのだろうか。

日本での普及が進む前に、「安全面」の観点から規定などの見直しがなされることを願うばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村
******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ