飛行機の中に隠し部屋が!?客室乗務員用の知られざるスペースを大公開

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

ソース元

こちらの方が快適そうだけど、日本のカプセルホテルはこれがヒントだったりして。(⌒-⌒)

しかし動画の最後に出て来る「エア・アジア」は大笑い。(;^_^A

隠し部屋 1

長時間にわたるフライトは飛行機の利用客はもちろん客室乗務員たちも同様に疲労を伴う。客室乗務員だって休息が必要だ。では彼女らはどこで仮眠・休憩をとっているのだろう?

すべての旅客機がそうであるとは限らないが、一部の旅客機にはこんな隠し部屋があるようだ。

 

基本的に殆どの航空会社は御客様の快適さを優先しているため、乗務員の方々が休む部屋は飛行機の後方・上部等に押し込められている。

休憩室は航空会社や航空機によってまちまちである。

キャセイパシフィック航空777-300ERの後方にある隠し階段を上ると、そこにはトンネルのような狭い通路がある。乗務員は狭い通路を通り抜け、その先にある8人用の休憩室で仮眠をとる。

隠し部屋 1

休憩室に設置されているのは二段ベッドで、縦190センチ×横70センチの少し大き目のベッドだ。それぞれのベッドは音を遮断する為に、個別にカーテンが着けられている。

この通路の入り口である隠し階段のドアには「8人まで」というサインがあり、離着陸の際の使用は堅く禁じられている。またこのドアは如何なる場合も開けたままにしておく事は許されておらず、ドアを通った後は直ぐに閉める事が義務付けられているそうだ。

ボーイング787ドリームライナーには優雅な休憩室がある。この休憩室では最高で5人の乗務員が同時に休憩をとれるようになっている。

隠し部屋 2

ボーイング787号機ドリームライナーの休憩室

 

隠し部屋 3

パイロットは個別の仮眠部屋が用意されている。この画像はボーイング787ドリームライナーのパイロット用仮眠室だ。パイロットの部屋だけは、他の乗務員とは離して設置されている。

 

隠し部屋 4

乗務員の休憩室からは客の行動がしっかりと確認できるようになっている

 

動画では他の旅客機の従業員用仮眠室を見ることができる。

 

 

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ