鼻ホジからのぱっくんちょ。鼻くそを食べることで歯の健康を守ってくれるという研究結果(英研究)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキング


私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

昨日塾生から嬉しいメールを頂きました。(⌒-⌒)

*****************************************************************

無意識にやってるかも・・・(; ̄ー ̄A

 

ソース元

via:naturesmartparentingrt/ translated hiroching / edited by parumo

 

数年前、元イタリアの首相、ベルルスコーニが鼻ホジからのぱっくんちょをパパラッチされ、その動画がネット上で話題となったが、世界的に見て、鼻ホジぱっくんする人は結構いるようだ。

鼻水とほこりが鼻の中で固まった鼻クソを食べることは、免疫力をあげるのに良いとする研究結果もかつて報告されていたようだが、『米国微生物学会(American Society for Microbiology)』で発表された研究によると、鼻垢は虫歯を引き起こす細菌から歯を守ってくれるのだそうだ。

 

鼻クソに含まれる粘液が虫歯予防に

鼻クソは唾液ムチンというタンパク質の粘液からできており、これが虫歯菌が歯に付着することを防いでくれるからだ。

米ニューヨーク大学のフリードリヒ・ビッシンガー(Friedrich Bischinger)教授は、鼻ほじりにまつわる嫌なイメージは終わりにするべきだと主張する。

 

免疫力アップも期待できる?

鼻ホジからのぱっくんちょは免疫系も強化してくれますよ。医学的にはまったく合理的なことで、実に自然な行動です

 

鼻とは大量の細菌を集めるフィルターであり、それが混ぜ合わさったものが腸内に入れば、まさに薬のような働きをするのだという。HIV、胃潰瘍、呼吸器感染にも予防効果を発揮すると考えられている。

 

殺菌効果も?

さらに殺菌するのではなく、ただダメージから守るだけという特質のおかげで、抗生物質の代替品としても期待できる。

抗生物質の場合、悪い細菌のみならず、善い細菌まで殺してしまうため、さらにタチの悪い細菌が広まる恐れがある。だが、殺菌しない鼻クソならそういった心配がない。

 

鼻ホジは有害であるという説も

一方で、鼻ほじりは有害であると主張する先行研究もある。

耳鼻咽喉科の医師であるエリック・ボイト氏は、鼻ほじりでばい菌が入る恐れがあるうえに、粘膜が傷つく危険があると述べている。その結果、「出血、細菌の増殖、かさぶた、炎症」の原因になる。

また鼻をほじった手で物に触れば、他人にも不快な影響を及ぼすかもしれない。

ボイト氏は、特に子供の鼻ほじりが鼻血の原因であると注意を促している。鼻には5つの動脈が前部(キーゼルバッハ部位)にまで走っている。鼻ほじりで大出血する危険もあるのだ。

 

ということで、気をつけてホジらないと鼻を傷つける恐れがあるのでそこは注意が必要だとしても、鼻クソに含まれる粘液にはちょっとした効果はあるということだ。

ただ人前でがっつりホジホジとかは公衆環境的にNGだし、手にも汚れが付着していることだろうから、やるなら家で爪を切って手をきれいに洗ってからの方がよさそう?なのかな。

 

 

鼻水の色で健康状態をチェックしよう!

 

 

 

 

 

***

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

 

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ