2015年3月8日 本日の買い目配信結果速報~

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 第一弾!!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できます」こちらをクリック

驚愕の企画 第二弾!!「塾生だけしか経験出来ない『一生の財産になるレクチャー』に、無料で1回だけ参加出来ます」→こちらをクリック

 

投資の注意事項

この投資法において1番大事な事は「まず学ぶ、それから実践」です。

一番危険な事は、しっかり学んでいないのに(理解していない)いきなり実践して、連敗時に怖くなって購入ボタンを押せなくなる事。(大体それが的中ですが(; ̄ー ̄A )

つまり、しっかり理解していないので余分なレースを購入してしまう事ですね。

何年かかろうが、体が勝手に反応する位学んで下さい。
JRAは逃げません。 d( ̄  ̄)
***************************************************************
注意事項を掲載します。また、WEBコース、の方は質問にお答え出来ませんので、ご了承下さい。 
ワイドは連敗覚悟でなるべく使ってみます。(皆さんもご存じのように、W的中を狙う為ですが、
塾生の方はマニュアル通り、3連複の買い目が30点以下の場合、ワイドの方も3連複を使って下さい) 
必ず収支表を1つにしなければいけないのではなく、種銭によって使い分けましょう。 
種銭の少ない方は、各会場で1回的中したらそれで終了と思ってシュミレーションをして下さい。 

この買い目配信は、塾生の勉強の為に送っておりますので、このまま購入はお控え下さい。
(買えない時間帯に配信していますので、無理だと思いますが) 

私の場合は、初期塾生の石橋君スタイルで、10連敗したらストップ(有るわけないけど)のルールに基づいて購入を決定したレースは、マニュアル通りではなく私の経験から決定した物も有りますので、みなさんは出来るだけマニュアルに近いレースを参考にして下さい。 

その場合わかりやすく「チャレンジ」とメールに書いてあります。

「経験から決定したレース」も、シュミレーションをしっかりやればだんだん理解できるようになると思います。 
ご自身で馬券を購入される場合は、ワイドなら種銭が100万円、3連複なら種銭が300万円は持っていて下さい。(マニュアルの中の三分の一ルールです) 
もちろん全部使う事は有りませんが「投資はメンタルが1番大事」 と言う事を考えれば、種銭が多ければ多いほど冷静に淡々と出来ます。 

いつもよく言う事ですが、100万円貯まったら、毎月お金が入ってくるのは当たり前状態になるんです。d( ̄  ̄) 
種銭が無い方は、貯まるまでリアルシュミレーション(お金はかけないが実戦をする事) 
をしましょう。 
これもシュミレーションと実戦の違いを体験出来ますので、非常に重要です。 
*******************************************************************************

本日の結果

今日は前半が当たり過ぎて利益が少なかった為、中盤にとんでもない配信をしました。つまり負けを多くして利益を増やす為ですね。(;^_^A

その時塾生に送ったメールです

遊び過ぎ 

的中1回当たりの利益予定額が100円でも「土日で10万円の利益」が理想的なので、計算してやったつもりが少し少なかった。(;-_-)

 

以下の結果は、すべて競走馬がゴールする前に塾生へ配信した結果です。

つまり、嘘が全く付けない結果ですね。

的中1回当たりの利益予定額100円設定です。

本日の利益    3連複   39,490円   ワイド   18,410円

本日の利益合計       57,900円

今週の馬券種別利益    3連複  58,910円   ワイド   36,730円

今週の総利益             95,640円

詳しくは、後で載せますね。

2015年2月の総利益 157,900円 勿論、設定は的中1回当たり100円です。

2015年1月の総利益   329,720円

それ以前の月間利益です

 

20150308

過去記事はブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.html

 

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ