脊柱管狭窄症、あっても手術しなくてもよい?腰痛への効果は理学療法と比べて変わらず (T_T)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m


人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 第一弾!!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できます」こちらをクリック

驚愕の企画 第二弾!!「塾生だけしか経験出来ない『一生の財産になるレクチャー』に、無料で1回だけ参加出来ます」→こちらをクリック

twitter→https://twitter.com/realkeibatoushi

Facebook→https://www.facebook.com/riarukeiba

******************************************************

 

 

 

私は完璧な脊椎管狭窄症&椎間板ヘルニアです。(T_T)

以前の記事→「医者に行きましたが、結果は脊柱管狭窄症&椎間板ヘルニア(そんなもん、20年前からわかっとるわ~(▼皿▼メ)ノ)

 

脊柱管(せきちゅうかん)とは

脊柱管狭窄症 1

背骨に囲まれた管状の空間のこと。背骨は椎骨という骨が積み重なってできています。椎骨は椎体と椎弓からなり、その間にある空間(椎孔)が積み重なってできるのが脊柱管です。脊柱管の中には神経が入っている硬膜というふくろがあります。頚椎部と胸椎部の神経は脳から続く実質性の脊髄であり、腰椎部の神経は馬尾(ばび)と呼ぶ繊維性の神経束や血管が通っています。脊柱管はそれらの神経を守る役割があります。神経は脊柱管の中で枝分かれして体の各部へと伸びていきます。

腰部脊柱管狭窄症は,なぜ起こるのか

脊柱管狭窄症 2

脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性や靭帯(じんたい)の肥厚、椎間板の変性による膨隆、突出、つまり、脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫されることで、神経が障害され、症状として腰痛や下肢のしびれなど、さまざまな不具合が起こります。

 

と言う事で、今手術をするべきか悩んでおります。(; ̄ー ̄A

 

ニュース元

ランダムに2つのグループに分けて効果を検証

脊柱管狭窄症 3

写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。

 

腰痛の原因の一つとして、「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」という病気がある。

痛みを取るために手術をする場合もあるが、理学療法によるリハビリと効果は変らないという研究報告が出てきた。

あえて手術までしなくてもよいのかもしれない。

2年間の追跡調査

米ピッツバーグ大学のアンソニー・デリット氏らの研究グループが、内科分野の国際誌であるアナルズ・オブ・インターナル・メディシン誌において2015年4月7日に報告している。

脊柱管狭窄症の人の背骨では、縦に通る脊柱管内の空間が狭くなり、通る神経が圧迫されて痛みを起こしている。

脊柱管狭窄症の痛みを取るための方法として、外科的減圧術という圧迫を除く手術の有効性についてはこれまで検証されてきた。手術以外の治療の有効性については見方が固まっていなかった。

研究グループは、脊柱管狭窄症の2つの治療である手術と理学療法によるリハビリとの間で効果を比べた。男女差についても調べた。

対象としたのは、脊柱管狭窄症を患う人のうち手術に同意した50歳以上の169人。2000年11月から2007年9月にかけて対象者をランダムに手術を受ける87人と理学療法を受ける82人に分けた。

24カ月の追跡調査をして、手術グループは74人、理学療法グループは73人について治療効果を最後まで確認できた。追跡調査を終了した2年時点で症状を「SF36」という専門の質問票で点数付けした。

手術をしても差は生まれず

平均的な改善率は手術グループと理学療法グループとの間で統計学的に意味のある差はなかった。

理学療法から手術に切り替える人が57%に上っていたので、その影響も含めて治療効果を検証。手術をしたからといって症状が軽くなるという結果にはつながっていなかった。

手術を検討している人は、少し慎重に見てもいいかもしれない。

 

過去記事はブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

 

買い目配信の受け方

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ