ついにフィリピンで、電動トライシクル&電動ジープニーの時代が到来か ( ̄◇ ̄;)

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

驚愕の企画 ( ̄◇ ̄;) !!「塾生の権利、1か月だけですが全て経験できますこちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

電動トライシクルやジープニーの本格生産がようやく始まりそうです。

そうなれば、あの小汚い(失礼^^)トライシクルやジープニーともおさらば出来るかな (;^_^A

あとは、メンテナンスをしっかりやってくれるか心配ですが・・・

トライシクル 1

 

 

BEETフィリピン、ホンダ出身の印南孝裕氏が新社長就任…営業体制強化

 

以前の記事です

 

ニュース元

渦潮電機のフィリピン子会社であるBEMAC Electric Transportation Philippines Incorporated(BEET社)は、ホンダ出身の印南孝裕氏が新社長に就任する役員人事を発表した。

印南新社長は、1988年本田技研工業入社。営業として四輪および二輪の販売に従事。1996年よりフィリピン現地法人にて約5年間勤務し、営業責任者として販売統括、企画業務を担当。その他、中国での新組織立ち上げにも携わり、現地営業部長を務める。2015年同社退後、4月より渦潮電機に入社。

なお、渦潮電機社長を兼任する小田雅人社長は会長職に退く。また、ダイハツでEVやハイブリッドの企画・開発に携わってきた川上泰秀氏、フィリピン電気自動車協会の設立理事などを歴任したTheresa Yvonne Palomar Castro氏が副社長に就任する。

BEETでは、昨年11月に電動三輪車「68VM」の製造を開始し、本年4月にマニラ市内にて新車発表会を行った。今回、役員変更を実施し、営業部門の体制を強化。フィリピン国内での販売台数増加を目指す。

BEMAC渦潮電機

 

電動車 1

 

電動車 2

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm

 

買い目配信の受け方

 

 

無料で公開中

完全なる競馬投資の具体的なステップを無料で公開中

 

 

セミナーで実際に投資するところを、目の前でお見せしました。


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ