フィリピンで釣り銭不足禁止法が施行に!

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

*****************************************************************

ようやく当たり前のことが、当たり前になりそうです。

フィリピンでは、タクシーでも販売店でも大きなお金を出すと「おつりが無い」と言われます。

日本では商売なのだからおつりを用意して当たり前なのですが、法制化しないとおつりも用意しないと言う、いかにもフィリピンらしい所です。

まあ、おつり分は彼らの大事なチップでも有るんですけどね。┐( ̄ヘ ̄)┌

フィリピンで両替する場合は、大きなお金にせず小銭にしましょう。

*****************************************

ソース元

2016年08月12日更新

フィリピンでは、何か購入したりタクシーに乗った時に「お釣りがない」といわれた経験はありませんか?

そうなると、お釣りを受け取らないか購入をあきらめるしかありませんが、タクシーの場合はとても困りますよね。

釣銭 1

2016年「釣り銭不足禁止法」として知られる、フィリピン共和国法第10909号が施行されました。

この施行で、例外なくすべての事業者は小銭を用意することが求められるように。

 

条文は2016年7月21日に法律に組み入れられました。

これからは釣り銭が不足する商取引は、以下のとおり罰せられることになります。

 

・1回目の違反:罰金(500ペソ、または違反した日の一日の売上金額3%のうち、高額な金額)

・2回目の違反:罰金(5000ぺソ、または違反した日の一日の売上金額の5%のうち、高額な金額)

・3回目の違反:罰金(15000ぺソ、または違反した日の一日の売上金額の7%のうち、高額な金額)に加えて、3ヶ月の業務認可の停止

・4回目の違反:罰金(25000ぺソ、または違反した日の一日の売上金額の10%のうち、高額な金額)に加えて、業務認可の剥奪

 

上記に加えて、支払わなかった釣り銭の総額も支払うことが課せられます。同法では釣り銭を払う代わりに別の品物を渡すことも認めていません。また合計金額の大小にかかわらず、顧客に釣り銭を渡さないでもいいかたずねることも禁止されています。

さらに、釣り銭の誤りをなくすため、どんな品物やサービスにも値段表示をすることを求めています。

 

この「釣り銭不足禁止法」を管轄するフィリピン通商産業省への苦情申し立ての手順も定められています。

10営業日または2週間以内に同省に文書で申し立てると、調査の上30日以内に事実認定が下される仕組みです。

10909号の全文はフィリピン上院のサイトで公開されています。

 

senate.gov.ph(英語)

 

Duterte blasts cabbies who won’t give exact change

 

 

釣銭 2

 

 

 

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ