同じグレードの日産車、生産国が違うと安全性・耐久度は違うのか?実験してみた。

1日1回ポチっと押してね m(_ _)m

人気ブログランキングへ

私の志です→こちらをクリック

twitterhttps://twitter.com/realkeibatoushi
Facebookhttps://www.facebook.com/riarukeiba

************************************************

同じ設計だと思うけど、現地調達の部品がだめなのか・・・(; ̄ー ̄A

ソース元

1

まずは赤い方、メキシコで製造されている日産車のTsuruで2015年製だ。そしてシルバーの方はアメリカで製造されている日産車のVersaで2016年製。

どちらも一番グレードの低い安いタイプの車で、形もほぼ同じセダン車だ。

今回、製造している国が違うとその耐久性に違いがあるのか?という疑問を解決するべくこんな実験がなされた。両方の車を同じスピードで衝突させるというものだ。

やっちゃえニッサン!
ってことで結果のほうは?

 

2015 Nissan Tsuru vs. 2016 Nissan Versa

 

赤い方、つまりメキシコ産の方がグチャっとしている感じがする。

2

この角度でみるとどちらもかなりの衝撃をうけていることがわかる。

だが一番顕著な違いは室内だ。

メキシコ産の日産車はエアバッグが作動しなかった為
運転手に致命傷を与えている。

3

 

アメリカ産の日産車はエアバッグが作動し
運転手への衝撃が軽減されている

4

ということで、同じメーカーの同じようなグレードの車でも、生産国によって違いがでてくるようだ。

以下の動画は2016年で最も安全な中型車トップ10だそうだが、あるいはこれも生産国によって違いがでるのだろうか?

Top 10 Safest Mid-Size Cars 2016/2017

 

 

 

 

 

大橋東洲 プロフィール(学生時代)→ こちら

大橋東洲 プロフィール(社会人から、なぜセブ島へ?)→ こちら

こちらもポチっと押してね m(_ _)m
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券生活者へ
にほんブログ村

******************************************************************

過去記事はブログをご覧下さい→http://ameblo.jp/realkeibatoushi/entrylist.htm


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ